ジョイント(伸縮装置)

ハマハイウェイジョイント<YSⅡ型>道路橋用伸縮装置

中伸縮・大遊間に対応できます
橋梁の免震・分散設計を考慮し、常時設計伸縮量最大200mm(±100mm)、最大床版遊間(最低温度時)500mmまで対応可能。
耐久性・耐摩耗性に優れています
ジョイント表面は端部に鋼材・中間部にゴムを使用しています。中間部で受けた通過車両の荷重は荷重支持板・積層ゴムを介し効率良く床版へと伝達します。また、表面ゴム部に横浜ゴムが開発した新型コンパウンドを採用し、耐摩耗性を向上しています。
安全性と低騒音性を考慮した設計になっています
タイヤ設計技術を応用し、ジョイント表面には安全性・排水性を考慮した排水パターン溝を不等ピッチに配置し、また、表面伸縮溝にも不等ピッチパターンを採用しました。YSⅡ型は、不等ピッチパターン採用により、伸縮溝にタイヤが接することで発生する空洞共鳴音を極力 低減させた設計になっています。
止水性に優れています
伸縮ゴム部は側壁(鋼材)と加硫接続されており、止水性に優れています。また製品接続部もゴム部を工場にて加硫接続することで止水性を確保しました。
点検性に優れています
伸縮ゴム内部には黄色系インジケーターゴムが配置され製品の交換時期を目視にて確認できます。(特許出願中)
施工性に優れています
施工においては型枠を必要としません。また、箱抜きの深さも浅くできます。製品は工場製作時に幅員分を接続加工して出荷します。

ハマハイウェイジョイント<スムースジョイントYMF 型>道路橋用伸縮装置

耐久性
表面が伸縮ゴム部と側板の一体構造であり、側板に使用される鋼材が溶接のない一体成形品ですので耐久性に優れています。
走行性
露出幅を小さくすることにより走行性が良好になり、通過車両への衝撃を低減できる構造となっています。
施工性
製品が軽量化され、施工時に型枠やかぶせ鉄筋が不要な構造ですので短時間の施工が可能となりました。
止水性
伸縮ゴム部は側板との加硫接着により高い止水性が確保され、製品間の接続も伸縮ゴム部を凹凸構造とすることで止水性を向上させました。
変形追従性
橋軸方向、橋軸直角方向、上下方向などあらゆる方向の変位に追従可能な構造となっています。

ハマハイウェイジョイント<鋼製櫛型YHT、YFS型>道路橋用伸縮装置

耐久性
フェースプレート、ウェブプレートは溶接部のない一体構造となっており、十分な強度を持っています。YHT(YFS)30Ⅱ型、50Ⅱ型、70Ⅱ型は熱間押出鋼を使用しており伸縮量が大きい場合でも、確実な荷重支持が可能です。
施工性
橋面排水構造のため遊間部に二次止水処理をする必要がなく、設置の際に特別な型枠も使わないため、施工性に優れています。
止水性
ジョイント内部の止水ゴムは、側面のウェブプレートと加硫接着されているため、接着やボルト止め構造に比べ、長期間使用しても高い止水性を期待できます。また、現地接続部分は嵌合構造を工夫して、止水効果を高めています。
YHT型ジョイント
YFS型ジョイント